特に大阪は多いゴミ屋敷問題についてまとめ情報を紹介

サイトマップ

脱ゴミ屋敷

超汚い部屋に住む一人暮らしの女

大阪で一人暮らしをする際、最初に住み込むときは勿論部屋は綺麗です。荷物も最低限に減らして、住む為に必要な分だけ、設置していきます。部屋は一人暮らしには十分の広さで、1DKですが、広々としています。さて、実際にゴミ屋敷になるまでなのですが、時間はそこまで経っていません。半年もあれば、絶対に人が入れない魔境と化します。実際、大阪の私の部屋はおろか、玄関ですら入れないほどですから…。
ゴミ袋を用意して、生ごみなどの腐るものはちゃんと捨てていきます。が、辛いのは後片付けをあまりしないことです。食べ物を作った後、食器を洗うのが面倒なので、最低限の洗い物は数日に一度はしますけども、一か月くらいは使わないだろうなーって思うフライパンなどなど、地べたに置いて放置したりします。また下駄箱も家に着いてはいますが、小さくて靴が入りません。
なので、空いているスペースは全て靴で埋まりますし、普段履かない靴は重ねておきます。宅急便などできた、段ボールなども解体するのが面倒なので、そのまま放置していきます。それを繰り返していくうちに、半年もすれば、掃除はおろか、歩くことも至難で、ゴミ袋にゴミを捨てるのも苦労する部屋の出来上がりです。こうなると、掃除なんてどうすればよいかわかりません。そうなるとお金をかけてでも業者を呼んで片づけるしかないなと思います。結果としてゴミ屋敷の形成は、私のような放置楽観主義者が生んでいくのでしょう。大阪は特にゴミ屋敷が多いです。

ゴミ屋敷となってしまう人の特徴

物を大事にすることはとても大切な事となっています。しかし物を大事にして捕って置く事と使用しない物までも捕って置く事は全く異なるのです。使用しない物まで捕って置くといつしか物ばかりが増えてきてしまい、片付ける事も困難となり気が付けば「ゴミ屋敷」となってしまうのです。ゴミ屋敷は自身の生活スペースの確保の困難だけでなく、近隣住民にも異臭や害虫発生の要因となってしまい大きな迷惑を掛ける事態にも繋がってしまいます。大阪によくある話です。そんなゴミ屋敷となってしまう人の特徴についてご紹介しちゃいます。
・買い物依存症の人。近年多くの方が仕事や日常生活で大きなストレスを抱え易い時代となっています。そんなストレスの発散の一つとして、買い物依存に陥ってしまう人も多いのです。買い物依存は欲しいと思う物ではない物であっても、買う事で精神的に安心感を得る事が出来る為、次々と購入してしまうのです。その為、要らない物が部屋中に溢れてしまい、未開封のまま放置され続けていく事も珍しくないのです。買い物依存は精神的なストレスによって発生してしまうので、ストレス発散の為に趣味を他に作る事や専門医に相談する事で症状の緩和に繋がり、ゴミ屋敷も改善されていくのです。「商人の街大阪」と呼ばれる大阪は特にです。

ゴミ屋敷のできる理由

大阪でもよく話題に上がるゴミ屋敷はどのような家をさすかというと、敷地内にゴミが散乱や蓄積されていて、その家の影響で近隣の外観を損ねたり、悪臭で迷惑をかけている家をゴミ屋敷と言います。
ゴミ屋敷になる理由として、家主が色々な場所からゴミを拾ってきては自宅に置く事を繰り返し、それを重ねる事でゴミの山が出来上がります。
ゴミ屋敷にしてしまう人の特徴は、整理整頓ができないというよりも、物への執着心が強く捨てる事が出来ない、ゴミが山になっていたり汚い環境でも不快に思わないなどが特徴です。
ほかの理由として、家主がADHDの可能性があります。これは注意欠如多動性障害というもので、症状として片付けができないや約束を忘れる、一つの事に集中できない、物事の優先順位がつけられないなどがあります。
ADHDの影響で、片付けをやり始めても違う事が気になってしまい、やり残した状態で他の事をやってしまうという行動があります。
ゴミ屋敷が近隣にある弊害として、悪臭や害虫による被害や、地域の外観が損なわれてしまい、アパートなどが隣接している場合には家賃などへの影響も出てきます。大阪ではよく目にします。
解決するには、大阪府や地域住民と自治体が一丸となり、なるべく早く対応するのがベストな解決方法です。

掃除好きでもゴミ屋敷ができてしまう理由

ゴミ屋敷ができてしまう理由を聞かれた場合、ほとんどの方は掃除をしないからと答えます。しかし実際にはキチンと掃除をしていてもゴミ屋敷になってしまう事があり、掃除をしないとゴミ屋敷はできやすくなりますがその他の要因の方がより大きくなると言えます。
そしてその要因となるのが物を捨てられないと言う点になっていて、どれだけ綺麗に掃除していても物で溢れかえってしまえばほとんど意味はありません。また家の中に大量の物があると隅々まで掃除しにくくなり、掃除しなくても良いのではないかと考えるようになってしまいます。
これが掃除好きでもゴミ屋敷を作ってしまう理由になっていて、根本的な対策としてはいらない物は捨ててしまう事が挙げられます。例えば押し入れにしまいっぱなしの布団や何かに使えると思って取っておいた瓶や缶などは思い切って捨ててしまった方が良いとされています。
なおこの時に勿体無いと考えてしまう方が多いのですが、一般的に一年間使わなかったものと言う物は使用頻度が極めて低いとされています。もちろん冠婚葬祭などに使う物は別になりますが、座布団やタオルなど日常的に使う物で一年間出番がなかったものは捨てた方が良いと判断できます。


ゴミ屋敷大阪なら【汚部屋脱出.com】にお任せください!秘密厳守で近所にもわからないように作業をしてくれます!お見積りも無料で行ってくれますので、まずは相談から始めましょう!大阪での実績はナンバーワンです!

メニュー

ゴミ屋敷の危険性

最近テレビ等で取り上げられる事もあり、ゴミ屋敷という言葉を耳にした事がある方は多いと思います。ゴミ屋敷と呼ばれる家に住んでいる方は年配の方が多いのも特徴です。ゴミ屋敷になる原因としては様々な事が考えられます。まず、年配の方の場合昔に物や食料が乏しく苦労をしている事も多いです。子供が巣立ち奥様や…

キレイ好きな人ほどゴミ屋敷になる法則

30年も生きていると、いろんな人に出会います。ゴミ屋敷に住んでいる知人や親戚も珍しくありません。私の周りにいるゴミ屋敷に住む彼らに共通して言えることが「キレイ好き」そして「いいとこ育ち」という要素です。料理を作ってはSNSにアップするお母さんがいました。でも、彼女のキッチンのシンクには山のよう…

ゴミ屋敷が出来る人の心境

ゴミ屋敷とは最近ニュースなどで話題となるゴミで家の中や外まで溢れている状態のことである。家の住人がゴミの処理を怠ったり、またはゴミを自分から収集し家をゴミだらけにしてしまっている。では、私が思うにはなぜゴミの処理を怠ったり、収集してしまうのかについて私は2つ思うことがあります。一つ目はゴミの処…

気付いた時にはごみ屋敷に

こんなになるとは思わなかった気がついた時にはごみに埋もれた生活に私は若い頃は、まぁまぁ、綺麗好きで掃除を毎日しないと気がすまない性格で、テレビでやっている掃除の番組なども、好んで見ていました。それが、30歳を過ぎた辺りから何をするにもヤル気がなくなり掃除など全くしなくなりました。缶やびんなど、…